入倉康ジュエリー工房

プロフィール

  • 初代入倉保五郎の次男として昭和9年浅草に生まれる。
  • 貴金属加工へのあくなき探究心から、キャスティング技術を海外からいちはやく取り入れ、ワックスを彫刻することにより精緻な装飾を実現するロストワックス鋳造技法を確立。
  • 昭和41年パラ貴金属工芸株式会社代表取締役を引き継ぐ。
  • 埼玉貴金属工芸品協同組合理事長、日宝連理事、日本ジュエリー協会理事・参与などを歴任。
  • 熟練した職人技術と造型的美しさを追求する姿勢が評価を受け、平成10年に卓越技能者(現代の名工)として労働大臣から表彰され、平成13年には黄綬褒章という栄誉を受章。
現代の名工 入倉康
  • プロフィール
  • ナマズの婚約指輪
  • 精巧細微な小宇宙